10月1日「大曲の花火・秋の章」 2年ぶり、8千発夜空へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
10月1日に行われる「大曲の花火・秋の章」のポスター
10月1日に行われる「大曲の花火・秋の章」のポスター

 秋田県大仙市の雄物川河川敷で10月1日、「大曲の花火・秋の章」が行われる。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止しており、2年ぶりの開催。観覧チケットは大曲商工会議所や全国のコンビニ端末で販売されている。9月30日まで。

 市と大曲商議所の共催で、午後3時開場、6時開始。「花火劇場 璃(あき)」をテーマに、「オープニング花火」「第1幕 小劇場」「第2幕 大曲物語」「フィナーレ花火」の4部構成で約8千発が打ち上がる。観覧会場に入場する際はマスクの着用、検温、手指消毒などを求める。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

イベントニュース