紀平、復帰戦でSP6位 フィギュア中部選手権

※写真クリックで拡大表示します
女子SP 演技する紀平梨花=邦和みなとスポーツ&カルチャー
女子SP 演技する紀平梨花=邦和みなとスポーツ&カルチャー

 フィギュアスケートの中部選手権第2日は24日、名古屋市の邦和みなとスポーツ&カルチャーで行われ、女子ショートプログラム(SP)で右足首故障のため昨季の大会出場がなかった紀平梨花(トヨタ自動車)は56・69点で6位だった。昨年4月の世界国別対抗戦以来となる復帰戦で、難度を下げた三つのジャンプを着氷した。

 松生理乃が64・70点で首位に立ち、北京冬季五輪代表の河辺愛菜(ともに愛知・中京大中京高)は4位。

 出場3人の男子は山本草太(中京大)がフリーで159・68点を出してSPに続いて1位となり、合計253・80点で優勝した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース