青山らが優勝戦に進出 オートレースの共同通信社杯

※写真クリックで拡大表示します
優勝戦進出を決めた青山周平=浜松オートレース場
優勝戦進出を決めた青山周平=浜松オートレース場

 オートレースの共同通信社杯プレミアムカップ(特別G1)第4日は24日、静岡県の浜松オートレース場で準決勝4レース(3100メートル、6周)などが行われ、青山周平(伊勢崎)ら8選手が25日の優勝戦(4100メートル、8周)に進出した。

 各レース上位2人が優勝戦に進む準決勝(第9~12レース)の第9レースは木村武之(浜松)が3周回3コーナーで先頭を奪って押し切った。第10レースは伊藤信夫(浜松)が逃げ切り、第11レースは青山が2周1コーナーでまくりきり、余裕の独り旅で圧勝。第12レースは若井友和(川口)、金子大輔(浜松)のベテラン勢の1、2着。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース