ボートレース、近江らが優勝戦へ ヤングダービー

※写真クリックで拡大表示します
準優勝戦第12レース、1周目2マークを回る各艇=ボートレース多摩川
準優勝戦第12レース、1周目2マークを回る各艇=ボートレース多摩川

 ボートレースの第9回ヤングダービー(プレミアムG1)第5日は24日、東京都府中市のボートレース多摩川で準優勝戦(第10~12レース)などが行われ、近江翔吾(香川)ら各レース2着までの6選手が25日の優勝戦に進出した。

 第10レースはG1初出場の末永和也(佐賀)がイン逃げを決め、初優出。2着は連覇を狙う羽野直也(福岡)が入り、望みをつないだ。

 第11レースは1コースの中村日向(香川)が逃げて1着。接戦の2着争いは上條暢嵩(大阪)が逆転で死守した。

 第12レースは予選トップの近江が逃げて快勝。実力上位の仲谷颯仁(福岡)が2着に続き、優勝戦に進んだ。

 優勝戦は25日午後4時40分発走予定。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース