明峰中と大曲中が全県へ 秋田活性化選手権、横手で県南大会

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
情感を込めて発表した横手明峰の5人
情感を込めて発表した横手明峰の5人

 第3回秋田活性化中学生選手権県南大会(秋田魁新報社主催)が24日、横手市の横手セントラルホテルで開かれた。8校の生徒が地元企業などを訪問し考案した地域活性化策を発表。優秀校には横手明峰(横手市)と大曲(大仙市)が選ばれた。両校は11月5日に秋田市で開かれる全県大会に出場する。

 横手明峰と大曲のほか、横手北、十文字(以上横手市)、中仙(大仙市)、桧木内(仙北市)、山田(湯沢市)、東成瀬(東成瀬村)が参加。各校は7、8月に地元企業などを訪れ、業務内容を聞いて活性化策をまとめた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース