三浦翔平、テレ東初出演 おぎやはぎ・矢作兼と“昼メシ”目指して岐阜を味わい尽くす

※写真クリックで拡大表示します
24日放送『なぁんで昼メシ食いに行くのにこんな時間かけて行くのかなぁ。』に出演する(左から)三浦翔平、矢作兼(C)テレビ東京
24日放送『なぁんで昼メシ食いに行くのにこんな時間かけて行くのかなぁ。』に出演する(左から)三浦翔平、矢作兼(C)テレビ東京

 俳優の三浦翔平が、24日放送のテレビ東京ランチ旅番組『なぁんで昼メシ食いに行くのにこんな時間かけて行くのかなぁ。』(正午)に出演することが決定した。三浦は同局初出演となり、MCはお笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が務める。

【全身ショット】スタイル抜群!黒ジャケット姿で登場した三浦翔平

 矢作がバスや電車などの交通機関を使ってゲストの行きたい地方の名店に“昼メシ”を食べに行くだけの番組。「寄り道は、最高のスパイスだ。」を裏テーマに、ゲストがこの旅でやりたいことを叶えながら、ゴールである地方の名店を目指す。

 今回、起床は3時、集合は4時、出発は5時で矢作、三浦と声だけ出演する謎の“旅の声”の3人でランチ旅をする。早朝に東京を出発して、岐阜県の秘境にある名店「かたつむり」を目指す。途中で、岐阜県が誇る絶景・金華山にたどり着いたり、清流・長良川の鵜飼観覧船に乗ってみたり、矢作と三浦が「ブツくさ」言いながら「ミチくさ」をして岐阜県を味わい尽くす。そして、ゴールに待つ数々の食通たちが足しげく通うここでしか食べられない至極の料理とは何なのか。

【出演者コメント】
旅の声:お2人、きょうはいかがだったでしょうか。
三浦:いや、最高でした。こんなにも常識を覆されることはなかったです。いろんな意味で。
矢作:本当に、寄り道というフリが効いていますよね。長いフリだったけど、長いフリってオチが大事じゃないですか。完ぺきなオチでしたね。おいしすぎました。
三浦:でも、あの家族がいてくれないとここにたどり着いていない。
矢作:あーそうだ、あの家族のおかげで我々はおいしいものにたどり着けたよね。
旅の声:そして途中から雲がパカッと開いてお2人に後光が差したりとか。お空も味方してくださったんじゃないでしょうか。
矢作:正直、雲がパカっと開いて日が差した時はすごい嫌でした。
三浦:1番ピークに疲れていたときだったかもしれないですね
矢作:ちょうど山を登っていたところだったので辛かったです、早く食わせろと思いました。
旅の声:そうは言っても、それを乗り越えた先にある絶景をお客さまに見せたいですね!
矢作:それはそうですね
旅の声:途中で五・七・五もありますよ~!
矢作:五・七・五は、そんなに期待しないでもらいたいです。

お気に入りに登録
シェアする

オリコンニュース