ゴルフ、世界選抜の松山組敗れる プレジデンツ杯第1日

※写真クリックで拡大表示します
第1日、フォアサムで敗れた松山英樹(右)、アダム・スコット組=クウェイルホロー・クラブ(共同)
第1日、フォアサムで敗れた松山英樹(右)、アダム・スコット組=クウェイルホロー・クラブ(共同)

 【シャーロット(米ノースカロライナ州)共同】男子ゴルフの米国選抜と、欧州を除く世界選抜の団体対抗戦、プレジデンツ・カップ第1日は22日、米ノースカロライナ州のクウェイルホロー・クラブで行われ、一つのボールを交互に打つフォアサム5試合が行われ、松山英樹、アダム・スコット(オーストラリア)組はパトリック・カントレー、ザンダー・シャウフェレ組に6アンド5で敗れた。

 米国選抜が4勝1敗で、4―1と好発進した。25日の最終日までに計30試合が行われ、第2日はホールごとに良い方のスコアを採用するフォアボールで争われる。

 通算成績は米国選抜が11勝1分け1敗。

お気に入りに登録
シェアする