ネット時代のNHK受信料検討へ 事業拡大の是非も議論

※写真クリックで拡大表示します
総務省で開かれた公共放送に関する有識者会議の初会合=21日午後
総務省で開かれた公共放送に関する有識者会議の初会合=21日午後

 総務省は21日、公共放送に関する有識者会議の初会合を開き、NHKのインターネット事業をテレビ放送と同じ「本来業務」として認めるかどうかの議論を始めた。本来業務と認められれば、NHKはネット事業を拡大しやすくなる。総務省は会合で、ネット事業の費用を賄う財源やネット時代の受信料制度も検討項目になると説明した。有識者会議は来年6月をめどに議論を取りまとめる。

 会合では、テレビを持っていなくてもスマートフォンなどで積極的に放送を見る人については「負担を議論していく必要がある」との意見が有識者から出た。

お気に入りに登録
シェアする