追分野球クが湯城ク下し初優勝 全県500歳野球【動画】

会員向け記事

※写真クリックで拡大表示します
初優勝を決め、喜ぶ追分野球クの選手=神岡野球場
初優勝を決め、喜ぶ追分野球クの選手=神岡野球場

 第42回全県500歳野球大会(秋田魁新報社、秋田県大仙市主催)最終日は21日、大仙市の神岡野球場で行われ、追分野球ク(秋田市)が決勝で湯城ク(湯沢市)を6―0で下し、初優勝を果たした。

 今大会には181チームが出場。同球場を主会場に17日から5日間、熱戦を繰り広げた。大会は1979年にスタート。2020、21年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、3年ぶりに開催された。

追分野球クが完封勝ち

 追分野球クは好機を逃さず得点を重ね、投手陣も好投した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース