地方点描:実るほど…[大館支社編集部]

会員向け記事

 気温がぐっと下がり、秋の色が濃さを増す。黄金色の田んぼでは、稲穂がこうべを垂れている。今年は新米などさまざまな食料品の値上がりが気がかりだが、腹の虫はいつも通り「食欲の秋」を知らせる。

 新米は炊きたての味や香りをそのまま味わうのもいいが、肌寒い日にきりたんぽにして食べると格別だ。これからは「たんぽ会」を楽しんだり、離れて暮らす家族や友人に送ったりする人も増えてくるだろう。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース