世界レスリングで樋口が優勝 男子フリースタイル61キロ級

※写真クリックで拡大表示します
世界レスリング男子フリースタイル61キロ級決勝で初優勝した樋口(手前)=ベオグラード(AP=共同)
世界レスリング男子フリースタイル61キロ級決勝で初優勝した樋口(手前)=ベオグラード(AP=共同)

 【ベオグラード共同】レスリングの世界選手権最終日は18日、ベオグラードで行われ、非五輪階級の男子フリースタイル61キロ級決勝で26歳の樋口黎(ミキハウス)が、東京五輪57キロ級5位のレザアハマダリ・アトリナガルチ(イラン)にテクニカルフォール勝ちし、優勝した。

 2016年リオデジャネイロ五輪57キロ級銀メダルの樋口は初の世界一。

 今大会の男女全30階級で日本勢の金メダルは7個、メダル総数は13個だった。日本男子がフリースタイルで2階級を制覇するのは、高田裕司と富山英明が優勝した1979年大会以来43年ぶり。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース