秋は夕暮れ。詩人・最果タヒさんの連載「きょうの枕草子」がスタートします。

最果さんは、秋田市文化創造館の開館記念に小野小町の歌を訳し発表。清少納言は、最果さんが「百人一首」の歌人の中で、友のように惹かれた人だと言います。そのご縁で「枕草子」の現代語訳を連載します。初回「第一段」は、特別にエッセイもご寄稿いただきました。

最果タヒ「きょうの枕草子」

清少納言「枕草子」
現代語訳:最果タヒ
絵:矢野恵司


【第一段】

春は、曙(あけぼの)。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこし明りて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は、夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。
秋は、夕暮れ。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、からすの寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入りはてて、風の音、虫のねなど、はた言ふべきにあらず。
冬は、つとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ひをけ)の火も白き灰がちになりてわろし。


●現代語訳

春はあけぼの。
だんだん白くなっていく、空の山に触れているところが、すこし明るくなるころ、紫に染まった雲がほそく、左右に流れているから。
夏は夜。
月があれば当然だけれど、いない闇夜も蛍がたくさん飛んでいたり、たくさんでなくてもひとつ、ふたつ、って感じで、ほのかに光って飛んでいるから好き。
雨とか降るのも、結構好きだよ。
秋は夕暮れ。
夕日がぐっと、山のぎりぎりのところまで来て、からすが寝床へと帰っていくところ。みっつよっつ、ふたつ、みっつ、みたいにして急いで飛んでいくのがいいなぁ。さらに言うと雁が列を作って飛んでいるのが小さく見えるのとか、すごく好き。
日が完全に沈んで、そうして風の音がする、虫の声がする、もう、これはどうにも言葉にできないなぁ。
冬は早朝。
雪が積もっている日の朝は、もちろん、言わなくてもわかるよね、霜がとても白いのとかもいいね。でもそういうのがなくても、ものすごく寒い日に火を急いで起こして、炭火をあちこちに持って運ぶのもすごく冬の朝って感じする。ただ昼になって、ぬるくなってゆるんでいくと、火鉢の火も気づいたら白い灰まみれで、それはほんとやだな。


●エッセイ

 自分の暮らしている土地から見えるものについて話すとき、私の気持ちや考えていることが自然と一緒に言葉の流れに混ざっていくような気がするのはなんなのだろう。人と話す時にとりあえずで触れる季節のことや、その土地から見える風景についての言葉ともまた違っていて、本当にそれだけを話したいと思って話すとき、それはすこしも自分の話ではないのに、どんなことより「自分の話」をしているようにも思う。みんなにも見える風景ではあるのかもしれないが、それでも、私がそこにいてそこで生きているから見えるものに違いなく、たとえば秋田に暮らす人が秋田の春夏秋冬について話したくなることや、清少納言が自分の好きな春として、「春はあけぼの」と書き始めること。そこにはその人がいた痕跡こそが残るのかもしれない。そしてそうやって語られる他人の「私」に触れると、人はほっとする。他人であるその人も生きているんだ、生きていたんだとわかるのは多分そういう時だから。千年以上も前の人の言葉に触れて、でも春夏秋冬は今も自分の頭上でめぐる。季節の言葉をなぞる時、当たり前に、清少納言の気配を感じる。どんな人とどんな会話をしたのかとか、どんな夢を持っていたのかとか、どんな人が家族なのか、悩みや悲しみや苦しみだとか、そういうことよりももしかしたら、清少納言が話す四季の話、京の姿は、ずっと彼女の息吹となって今も届いているのかもしれません。

 枕草子の秋について書かれた箇所は、明るい夕日に目が奪われ、それから空を飛ぶカラスに気づき、その数をみっつよっつと、目で追いながらなんとなくで数えていくその視線の動きが、言葉を追うだけで自分の中にそのまま再生されていく錯覚がある。単なる「秋」の記録に見えて、清少納言が空を見上げているときの五感が自分の体に降りてきたようだった。秋のひとつひとつに気づいたそのときの身体的な感覚が清少納言の言葉には細やかに残されていて、それは枕草子が日本三大随筆の一つと言われる理由の一つでもあると思います。機械的な出来事の記録ではなく、その人がそこにいなければ残らなかった言葉、としてそれが書かれており、それなのに残された言葉は「私」ではなく「私」の外側にあるものだ。その描かれた外側の風景が、千年先だって続いている季節の中にあることもまた、(読む人も人である限りは)大きな意味を持つと思うのです。
 それはたぶん今も、「私の土地から見る私の季節」がそれぞれにあるから、だと思う。季節がなくなれば、それぞれの土地が均一化され語られることがなくなれば、枕草子のこの春夏秋冬の記述は、人に届かなくなるかもしれません。それは書かれたものが古くなるからではなくて、清少納言と時を超えて共有していたものが減ってしまうから。互いに生きていると確信する方法が減るからかもしれません。枕草子に書かれているのは大昔の一人の人が見ていた季節ですが、その言葉を辿ることで息をするのは、それを読む人の今のその人の土地の季節でもあるのかもしれません。私は小学生の頃に、学校の校庭から空を見上げたときにうろこ雲が見え始めると、秋が来たなと思っていました。その話を、清少納言だって聞いてくれるように思う。絶対的な季節はそこにはない代わりに、あなたの季節と私の季節がある。私の、枕草子のこの段がとても好きな理由です。


【さいはて・たひ】詩人。最新詩集に『さっきまでは薔薇だったぼく』、『グッドモーニング』で中原中也賞、『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞、『夜空はいつでも最高密度の青色だ』は映画化された。『千年後の百人一首』で百首の現代語訳で注目され、エッセイ集に『百人一首という感情』。小説・エッセイ多数。


【やの・けいじ】イラストレーター。東京芸術大学彫刻科卒業、同大学院美術解剖学研究室修了。任天堂でデザイナーとして勤務後、イラストレーターに。主な仕事に、資生堂プロモーションDM、中村佳穂シングルジャケット、劇団ロロのチラシビジュアル、三井のリハウスの広告イラストなど。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

「ハラカラ」の特集ページはこちら

秋田の最新ニュース