子育て社会で支えて、県内支援者らが提言 秋田市でシンポジウム

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
シンポジウムに登壇した(左から)佐藤さん、中鉢さん、小泉さん、古田さん
シンポジウムに登壇した(左から)佐藤さん、中鉢さん、小泉さん、古田さん

 少子化が続く日本で、秋田県は最も速いペースで人口が減っている。産み育てやすい社会のために、子ども・子育て支援はどうあるべきか。県内で支援活動に当たる団体の代表者ら3人が、県児童会館(秋田市)で開かれたシンポジウムで提言した。

 男女共同参画社会の実現に取り組むNPO法人いきいきFネット秋田(秋田市)の理事長、佐藤加代子さんは、ジェンダー平等の視点から発表した。

 日本では女性の賃金が男性の約75%にとどまっており、他国と比べて格差が大きいと指摘。「女性1人でも安心して子育てできる賃金でなければ子どもを産めない。少子化の最大の課題だ」とし、企業に是正を求めた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース