遠い風近い風[畑澤聖悟]自分の足下

有料会員向け記事

 「こなたは世間を汚らわしい卑賤なものだと云われる、しかし世間というものはこなた自身から始るのだ」

 山本周五郎の短編小説「武家(ぶけ)草鞋(わらじ)」の終盤。人間不信に陥って隠棲(いんせい)した若い武士が、世間の汚さに耐えられないと嘆く。そこで、家主のご隠居に説教されるのだ。

 「廉直、正真(しょうしん)は人に求めるものではない」「問題はまずあなただ」

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース