立民県連、新幹事長に小原氏が就任 統一選へ体制強化図る

会員向け記事

 立憲民主党秋田県連は5日、秋田市で常任幹事会を開き、代表代行の小原正晃県議を新幹事長とする役員人事を決めた。後任の代表代行には岡見善人由利本荘市議が就く。これまで1人だった幹事長代理は2人に増やした。人事は同日付で、任期は1年。来春の統一地方選に向け、県連の体制強化を目指す。

 常任幹事会後の記者会見で、小原県議は「地方を豊かにする政党をつくり、仲間を増やしていくことが役目だと思っている」と抱負を語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース