ニュースの「つぼ」:小安大湯温泉協会など観光ネットワーク

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ネットワークの協定書にサインする阿部会長(右から2人目)ら各団体の関係者たち
ネットワークの協定書にサインする阿部会長(右から2人目)ら各団体の関係者たち

 秋田県湯沢市の小安大湯温泉協会(阿部司会長、12社)がこの夏、県外の4観光関連団体とネットワーク組織を立ち上げた。新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せない中、連携を深めて互いの観光振興につなげていきたい狙いがある。

 ネットワークには同協会のほか、石巻観光協会(宮城県石巻市)、米沢観光コンベンション協会(山形県米沢市)、大宜味村観光協会(沖縄県)、サステナブルコミュニティ共創機構(東京都調布市)が参画。7月8日に湯沢市であった締結式で情報共有のほか人的交流、観光推進事業の促進、災害発生時の相互支援に努めるとする協定書を交わした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

外部リンク

秋田の最新ニュース