3年ぶり「大曲の花火」観覧60万人 19年から15万人減

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
3年ぶりに開かれた「大曲の花火」
3年ぶりに開かれた「大曲の花火」

 8月27日に秋田県大仙市で3年ぶりに開かれた第94回全国花火競技大会「大曲の花火」について、市は2日の定例会見で、当日の観覧者数の推計は2019年の前回に比べ15万人少ない約60万人だったと発表した。

 このうち、観覧会場内は約8万人。残りは観覧会場外で花火を見た人。市と共催した大曲商工会議所が、鉄道利用者数や駐車場利用台数などから積算したという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース