3年ぶり「大曲の花火」 街に活気あふれる【動画】

会員向け記事

 27日に秋田県大仙市で3年ぶりに開催された第94回全国花火競技大会「大曲の花火」。多くの花火ファンが詰め掛け、大曲の街が久しぶりに活気にあふれた。

人でごった返す花火通り商店街=27日午後3時半ごろ

 朝から時間を追うごとに人が増え、午後になると花火通り商店街やキッチンカーが並んだ丸子川沿いの遊歩道は人でごった返した。飲食店や中心部の沿道に並んだ露店には列ができ、ステージイベントなどの音楽があちこちから聞こえた。

 夜は雨に見舞われたが、大会の再始動を飾る花火師たちの渾身(こんしん)の花火に惜しみない拍手が送られた。

会場近くの大平山(姫神山)からは、夜の市街地を背景にした花火が鮮やかに見えた=27日午後8時半ごろ(撮影・佐々木直人)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース