大雨被害の今、敢えて田んぼアートを味わう 乗り鉄日和~内陸線2022晩夏編

会員向け記事

8月に日本各地を襲った記録的な大雨で、秋田県でも県北部を中心に多大な被害に見舞われた。鉄道が受けたダメージも大きく、JR奥羽線、花輪線などの一部区間で運休が続いている。中でも個人的に非常に心配しているのが、秋田内陸縦貫鉄道の秋田内陸線だ。ただでさえ赤字に苦しむ地方ローカル線は、自然災害が致命傷となりかねない。最近では、JR北海道の日高本線が、高波や台風による被害の影響で全線の約8割が廃止され、日高本線なのに日高地方を全く走らなくなってしまった。自然に囲まれ、車窓の美しさが魅力的な地方ローカル線は、災害に巻き込まれやすいという側面も否めない。

そういえば今年はまだ、内陸線の夏の風物詩・田んぼアートを見に行っていなかった。筆者が最もお気に入りの風景である田んぼアートを味わうことなく夏を終えたくはなかった。

阿仁合~鷹巣間の代行バスは停車しない駅も多く、田んぼアートを見るのはもちろん、近づくだけでも一苦労だ。今回は敢えて長時間の歩行を覚悟の上、田んぼアートを5枚全部見るという困難に立ち向かうことにした。8月21日、久々の内陸線の旅に出た。
(取材・鎌田一也)

兜をかぶった男の子を描いた田んぼアート=21日午前6時37分ごろ、角館~羽後太田間

仙北市内では通常通り観賞可能

[角館~羽後太田間][上桧木内駅]

現在、角館~阿仁合間は通常ダイヤで運行している。この区間にある2枚の田んぼアートも、通常通り観賞可能だ。今回、筆者が乗車した角館午前6時33分発阿仁合行き快速列車(通常であれば鷹巣行き)では、角館~羽後太田間の田んぼアート前での徐行は行われなかったが、何とか撮影できた。角館駅を出発した後、(国道46号角館バイパスの)跨線橋をくぐると間もなく進行方向左側に見えてくるので、徐行がない場合は特に見逃さないように注意が必要。

秋田犬と上桧木内の紙風船上げをモチーフにした田んぼアート=午前7時6分ごろ、上桧木内駅


もう1枚は上桧木内駅ホームのすぐ目の前なので、見逃す心配はほとんどない。ここの田んぼアートは一貫して地元の小正月行事・紙風船上げと秋田犬をモチーフにしている。毎年デザインに工夫が凝らされており、見ていて飽きることはない。

たどり着けさえすれば見られる

[縄文小ケ田駅]

秋田犬と笑う岩偶、それに伊勢堂岱遺跡のマスコット「いせどうくん」を描いた田んぼアート=午前10時38分ごろ、縄文小ケ田駅


列車が運休中の阿仁合~鷹巣間にある田んぼアートは3枚。そのうち、縄文小ケ田駅にあるものは、車窓よりもむしろ駅ホームからの方が見やすいため、駅に足を運びさえすれば観賞可能だ。実際、筆者が訪れた際にも、乗用車で駆け付ける人が何人かいた。

問題は乗用車以外の手段で、いかにしてこの駅にたどり着くかだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース