能代、初戦で姿消す 全国高校軟式野球

※写真クリックで拡大表示します
5回表2死一塁、能代の柴田が左前にチーム初安打を放つ
5回表2死一塁、能代の柴田が左前にチーム初安打を放つ

 第67回全国高校軟式野球選手権は24日、兵庫県の明石トーカロ球場と姫路市のウインク球場で開幕して1回戦4試合が行われ、西東北代表の能代はあべの翔学に1―3で敗れ、準々決勝進出はならなかった。昨年優勝の作新学院(北関東・栃木)が3―1で報徳学園(兵庫)を下して8強入り。倉敷工(東中国・岡山)、津久見(北部九州・大分)も準々決勝に進んだ。

 倉敷工は4―0で早大学院(東京)を破り、津久見は5―1で専大北上(東東北・岩手)に逆転勝ちした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース