鹿角市が3社に損賠請求 官製談合事件、計9200万円超

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県鹿角市発注工事を巡る官製談合事件を受け、市は公契約関係競売入札妨害の罪で有罪判決を受けた3業者に対し、22日付で計9200万円余りの損害賠償請求をした。23日の市議会総務財政常任委員会で報告した。

 3業者は7月25日に秋田地裁から有罪判決を言い渡された。いずれも控訴せず、判決が確定したことから、市は工事請負契約の規定に基づき、22日に損害賠償を求める文書を郵送した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース