北秋田の女声合唱団 10年ぶりおかあさんコーラス全国大会へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
全国大会に向けて練習を行う女声合唱団「カント・アムゼル」
全国大会に向けて練習を行う女声合唱団「カント・アムゼル」

 秋田県北秋田市を拠点に活動する秋田声楽研究会の女声合唱団「カント・アムゼル」が、今月27、28の両日に昭和女子大人見記念講堂(東京・世田谷区)で開かれる「第45回全日本おかあさんコーラス全国大会」に出場する。全国大会出場は2012年の第35回大会以来10年ぶり。大会に向けた練習は熱を帯びている。

 カント・アムゼルは01年に結成。北秋田市で音楽教室を主宰する三澤由美子さん(73)が指導に当たり、現在のメンバーは北秋田市、大館市、能代市、男鹿市などの50~80代の18人。市内外の合唱祭やオペラ公演に出演してきた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース