秋季高校野球県大会シード決定T 新屋などシード10校出そろう

 第74回秋季東北高校野球秋田県大会シード決定トーナメント最終日は21日、大仙市協和球場など4球場で残りの決定戦6試合を行った。大館桂桜、秋田商、秋田中央、新屋、五城目、花輪が勝ち上がり、シード10校が出そろった。

 県大会は、組み合わせ抽選を29日に実施し、9月2日に秋田市のこまちスタジアムなどで開幕する。第2日以降は土、日曜日を中心に試合を組み、決勝は25日。

大館桂桜 10―0 十和田・男鹿海洋・西仙北・大農太田・六郷
    (五回コールドゲーム)
秋田商  4―0 本荘
秋田中央 5―0 平成・増田
新屋   3―2 秋田南
五城目  7―2 大館国際
花輪   8―1 秋田北鷹
  (七回コールドゲーム)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース