県産酒の輸出量、過去最高に 円安影響、中国での需要も高まる

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの影響で国内の日本酒需要が低迷する中、秋田県産酒の輸出が好調だ。県酒造組合のまとめによると、2021年度の本県の輸出量は597・5キロリットル(前年比78・3%増)で、過去最高となった。特に中国向けの伸びが大きく、全体を押し上げている。

 同組合の齋藤雅人会長は「経済回復の早かった海外へ販路を求め、各蔵が取り組みを進めた結果。現地での日本酒の認知度も高まっており、まだまだ伸びしろがある」と期待を示す。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース