岩崎恭子さん「背伸びできた」 五輪選手も彩った森さん

※写真クリックで拡大表示します
2014年2月、インタビューに答える森英恵さん
2014年2月、インタビューに答える森英恵さん

 11日に96歳で死去したファッションデザイナーの森英恵さんは1992年バルセロナ五輪で日本選手団の公式服装を担当するなどアスリートも彩った。同五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで14歳ながら金メダルに輝いた岩崎恭子さん(44)は「真っ白なスーツで、スカートはプリーツ、そして真っ赤のまん丸のポシェットは大人になったようで背伸びができた」と懐かしんだ。

 岩崎さんは五輪後の表敬訪問なども含め、何度も着て記憶に残っているという。「着られることがすごく楽しみだった。ご冥福をお祈りします」とコメントした。

お気に入りに登録
シェアする