お盆の空の便利用4割増 航空各社、予想より利用伸び悩む

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
(資料写真)
(資料写真)

 お盆期間の県内の航空便(6~16日)と高速道路(10~16日)の利用状況を各社が17日、発表した。県内空港発着便の利用者は、全日本空輸が前年同期比142・6%増の3万87人、日本航空は142・7%増の1万4245人だった。高速道路の利用台数は前年より約2割増加した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース