「絶対に点はやらない」 初制覇の牛島、投手戦制す

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 牛島は二回、1死二塁から齊藤史の二塁打で先制。三回には無死二、三塁から杉山陽のスクイズで1点を加えた。菅原士が五回2死まで投げ、杉山陽も無得点に抑えた。

 大曲は二回途中から救援した浮嶋栄が粘りの投球を見せたが、打線が援護できなかった。

最終日の結果

 手に汗握る投手戦を制しての初優勝。牛島の吉田敏雄監督は「投手を中心に粘り強く守ってくれた」と語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース