高校野球、18日に準々決勝 休養日で各校調整、夏の甲子園

※写真クリックで拡大表示します
大勢の観客が詰めかけた甲子園球場のスタンド=14日、兵庫県西宮市
大勢の観客が詰めかけた甲子園球場のスタンド=14日、兵庫県西宮市

 全国高校野球選手権大会は18日、甲子園球場で準々決勝の4試合が行われる。

 17日は休養日で試合がなかった。3回戦を勝ち上がった各校は、調整などに費やした。史上初となる3度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭は、室内練習場で打撃練習などのメニューをこなした。昨夏4強で、選抜大会準優勝の近江(滋賀)も打撃練習で汗を流した。

 3回戦終了後の休養日は選手の健康への配慮を目的に、前回大会から導入された。昨年は天候不良による順延が続いたため、休養日は1日だけとなった。

お気に入りに登録
シェアする