東国原氏、宮崎知事選に出馬表明 「未来志向の光をともしたい」

※写真クリックで拡大表示します
宮崎県知事選出馬を正式表明し、記者会見する東国原英夫氏=17日午後、宮崎市
宮崎県知事選出馬を正式表明し、記者会見する東国原英夫氏=17日午後、宮崎市

 タレントの東国原英夫氏(64)が17日、宮崎市内で記者会見し、任期満了に伴う宮崎県知事選(12月8日告示、25日投開票)へ無所属で立候補することを正式表明した。「県民の皆さんの心に明るい未来志向の光をともしたい。疲弊した地方経済を回復させる」と語った。東国原氏は2007年から県知事を1期務めた。

 人口減少対策の必要性を挙げ「移住者を誘致し、若者の県外流出にも歯止めをかける」と強調し、県の存在価値を上げるとした。各党に推薦を求める考えも示した。

 東国原氏の知事在任中に副知事を務めた現職河野俊嗣氏(57)が、4選を目指して立候補を表明している。

お気に入りに登録
シェアする