県内、18日も夜遅くまで大雨に警戒 沿岸部中心に強風も予想

※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 記録的な大雨が続いた秋田県内は、低気圧や前線の影響で、18日未明から夜遅くにかけて大雨になる所がある見込み。雷を伴った激しい雨のほか、沿岸部を中心に強風も予想される。秋田地方気象台は大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。

 気象台によると、前線が大陸から日本列島の東側に延びており、17日夜には日本海付近で前線上に低気圧が発生し、18日夜にかけて北日本を通過する見込み。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むほか、上空に寒気が入り込むため、大気の状態が非常に不安定となる。

 18日に予想される1時間降水量は沿岸、内陸ともに多い所で40ミリ。18日午後6時までの24時間降水量は沿岸、内陸ともに多い所で120ミリと見込まれる。18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は沿岸海上17メートル(30メートル)、沿岸陸上15メートル(30メートル)。低気圧の動向によっては警報級の雨、風になる可能性もある。

 気象台は「ここ数日の雨で地盤が緩んでいる地点もあり、少しの雨でも土砂災害が起こる危険性がある」と指摘。竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうによる農作物への被害にも注意が必要としている。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース