夏の風物詩・鹿島流しを訪ねる(2)人形の原像 末野[横手市]

有料会員向け記事

新あきたよもやま:小松和彦

田植えが終わればカシマの準備


鹿島流しが濃厚に分布している横手盆地の村々では、かつて各家で藁やガツギ(まこも)でカシマニンギョウを手作りし、それを船に集めて川へ流した。しかし、現在では既製品の人形を買って代用するところが大半だ。そんな中、昔ながらのカシマニンギョウを家々で用意し、奉納している村がある。横手市大森町にある末野集落だ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース