24時間降水量250ミリの恐れも 県内16日にかけて、災害に注意

※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 前線や低気圧の影響により県内は16日も大雨となる所がある見込み。秋田地方気象台は、16日夜遅くまで雨量が増える状況が続く可能性があるとし「8日からの大雨で地盤が緩んでいる場所があるため、土砂災害に注意。浸水や洪水などの災害が起きる危険度も高まっている」として注意を呼びかけている。

 気象台によると、前線を伴った低気圧が日本海を東に進み、16日にかけて北日本を通過する見込み。15日は温暖前線が東北地方を北上。16日は寒冷前線が南下する。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、県内全域で大雨に注意が必要。

 予想される1時間降水量は沿岸、内陸ともに多い所で16日60ミリ。16日午後6時までの24時間降水量は沿岸、内陸ともに多いところで250ミリの予報、17日正午までの24時間降水量は100~150ミリが見込まれる。

 竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうによる農作物への被害にも警戒が必要。気象台は15日に緊急の記者会見を開き、中村修二観測予報管理官が「市町村からの避難情報に留意し、明るいうちの避難行動を心掛けてほしい」と呼び掛かけた。


秋田県内の災害リスクや避難場所を確認できます
秋田の洪水・土砂災害リスクマップ

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース