秋田県内、15~16日に警報級大雨の恐れ 土砂災害や河川増水に注意

※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 13日まで激しい雨に見舞われた秋田県内は、15日昼過ぎから16日にかけて、再び広い範囲で大雨となる見込み。

 秋田地方気象台によると16日にかけて、前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となる。15日夜からは雷を伴って非常に激しく降る所がある見込みで、16日にかけて警報級の大雨となる可能性が高いとしている。

 15日午後6時までに予想される24時間降水量は沿岸、内陸ともに多い所で50ミリ。その後16日午後6時までの24時間降水量は多い所で沿岸、内陸ともに100ミリ~200ミリ。

 気象台は、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意を呼びかけている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース