15日から再び警報級の大雨か 秋田地方気象台が注意喚起

※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 秋田地方気象台によると、北日本に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、秋田県内では大気の状態が引き続き非常に不安定となっている。14日は前線の活動が一時的に弱まるが、所により雷を伴う雨となる見込み。14日午後6時までに予想される24時間降水量は多い所で60ミリ。

 15日から16日にかけては、新たな前線が日本海から北日本へ延び、前線の活動が活発になるため、警報級の大雨となる可能性がある。気象台は、県内ではこれまでの大雨によって地盤の緩んでいる所があるとして、引き続き十分に注意するよう呼びかけている。

 13日に静岡県に上陸した台風8号はそれほど発達しておらず、進路などからみて、県内への直接の影響はないとみられる。

秋田県土砂災害警戒情報

秋田の洪水・土砂災害リスクマップ

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース