夏映え2022:秋田新幹線こまち(大仙市) 青き水田、駆け抜け

有料会員向け記事

 秋田県大仙市協和峰吉川。青々とした水田が広がる中を、秋田新幹線こまちがJR秋田駅に向かって走っていく。

水田が広がる中を走るこまち=8日午後3時50分ごろ

 水田のすぐ隣を新幹線が通過するこの光景は、高架鉄道ではなく在来線を走るからこそ。線路に近い国道13号では、車がこまちと並走するポイントが所々ある。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース