岸田改造内閣発足、秋田県国会議員反応 県内各界の声

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 10日に発足した第2次岸田改造内閣の顔触れについて自民党の本県国会議員は実務的な布陣だと評価し、新型コロナウイルスや物価高などへの対応力に期待を寄せた。一方野党議員は改造の意図や狙いが不明瞭で、自民議員と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係の解明も不十分だと批判した。

 自民党県連会長の御法川信英氏(衆院秋田3区)は「コロナの感染拡大や物価高など難しい課題がある中、各分野に精通した人を据えている。適材適所と言える」と評価。「いずれも国会や党内で活躍してきた人たち。経験を生かしてほしい」と述べた。

 立憲民主党県連代表の緑川貴士氏(衆院秋田2区)は「旧統一教会の関係議員を閣僚に起用し、身体検査も議員個人に委ねている。教団との組織的関連の疑念に正面から向き合わず、権力固めに固執した」と批判。「戦後最大級の難局と言うなら速やかに国会を開き、コロナや物価高など喫緊の課題への対応を早急に議論するべき」との談話を出した。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース