松陽の「もう1点」狙い実らず 思わぬプレーで反撃しぼむ

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 六回に4番齋藤舜介(2年)の適時打で2点を返し、能代松陽は2―4と迫った。なおも1死一、三塁のチャンス。だが走塁死が二つ重なり、思わぬプレーで反撃は一瞬にしてしぼんでしまった。

能代松陽、聖望学園に敗れる 夏の甲子園1回戦

 聖望学園の右腕岡部大輝(3年)の外角の速球とスライダーに狙いを絞った。各打者は狙い通りにバットの芯で球を捉えたが、鋭い打球は内野手の正面を突き、外野手の定位置に吸い込まれた。巧みな投球術にはまった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース