核兵器廃絶「唯一の道」 長崎原爆77年、平和式典

 長崎は9日、米軍の原爆投下から77年を迎え、長崎市松山町の平和公園で「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれた。田上富久市長は平和宣言で、ロシアのウクライナ侵攻は核兵器使用の危機に人類が直面している現実を突き付けたとの強い懸念を表明。「存在する限りは使われる。なくすことが人類の未来を守る唯一の現実的な道だ」と訴えた。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース