浅井長政の書状を発見 滋賀・長浜、寺を味方に

※写真クリックで拡大表示します
滋賀県長浜市で見つかった、浅井長政が「大浦黒山寺」へ宛てた書状(長浜城歴史博物館提供)
滋賀県長浜市で見つかった、浅井長政が「大浦黒山寺」へ宛てた書状(長浜城歴史博物館提供)

 滋賀県長浜市の長浜城歴史博物館は8日、戦国武将の浅井長政が同市にあった「大浦黒山寺」に宛てた書状が見つかったと発表した。1570年11月27日付で、課税を免除して領地を保証する内容だった。

 博物館によると、長政と朝倉義景の連合軍は、同年6月の姉川の戦いで織田信長と徳川家康の軍勢に敗れた後、比叡山周辺に陣を張った。寺は長政の居城の小谷城から比叡山への経路にあり、味方にして兵や食料を運ぶ道を確保する意図があったとみられる。

 分析した淡海歴史文化研究所の太田浩司所長は「寺社を味方につけて信長に対抗しようとしていたことが分かる貴重な史料だ」としている。

お気に入りに登録
シェアする

文化芸能ニュース