親子記者が長崎で平和の大切さ取材、市長に抱負

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
穂積市長に意気込みを語る悠央君(中央)と紘子さん
穂積市長に意気込みを語る悠央君(中央)と紘子さん

 日本非核宣言自治体協議会(会長=田上富久長崎市長)の親子記者事業で、秋田市の外旭川小5年鎌田悠央(はるちか)君(11)と母の紘子さん(39)が8日から、長崎市を訪れて取材を行う。

 2人は7月29日、市役所を訪れ、穂積志市長に意気込みを語った。

 悠央君は、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに、なぜ戦争が起こるのか疑問に思うようになったという。「長崎で取材をして、平和の大切さについて聞いてくる。なぜ戦争が起こるのかを知りたい」と語った。

 紘子さんは「人と話したり文章を書いたりすることを経験して成長してほしい」と話した。

秋田の最新ニュース