そば粉ピザや天丼… 羽後中生開発のメニュー、ホテルで提供

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
30日に提供した「羽後中そば粉ピザ&サラダ」
30日に提供した「羽後中そば粉ピザ&サラダ」

 秋田県羽後町の羽後中学校(丹俊章校長)3年生が町内産食材を使って開発した新メニューを、湯沢市の湯沢ロイヤルホテルが調理し、ホテル内のレストランなどで客に提供した。7月30、31日の2日間行われ、ホテルには開発に携わった生徒たちも駆け付け、テイクアウト用に包装された料理を客に手渡すなどして接客を体験した。

 開発したのは、町産のトマトやチーズ、バジルなどを使ったピザのセット「羽後中そば粉ピザ&サラダ」と、町産のトウモロコシ、オクラ、ナスなどを使った天丼のセット「羽後中天プライス丼&豚汁」の2種類。ピザは7月30日、天丼は同31日に各30食ずつ(テイクアウト用15食、レストラン用15食)提供された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース