能代松陽田中主将「自信持って臨む」 甲子園初戦へ意気込み

有料会員向け記事

 兵庫県西宮市の甲子園球場で6日に開幕する第104回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市のフェスティバルホールで行われた。能代商時代の2011年以来、11年ぶり4度目の出場となる能代松陽は大会第5日の10日、第2試合(午前10時半開始予定)の1回戦で13年ぶり4度目出場の聖望学園(埼玉)と対戦することが決まった。

能代松陽×聖望学園 監督、主将の一言


頂点目指し気合十分―能代松陽・田中元輝主将

田中元輝主将

 ずっと日本一を目指して練習してきたので、チームは気合にあふれている。聖望学園は粘り強くて一人一人が自分の役割を理解しているチームという印象。甲子園は名門ぞろいだが、自分たちも地方大会を勝ち上がってきたので自信を持って臨む。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース