特産の石沢そば提供へ 旧石沢小校舎で「学校食堂」6日開業

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
石沢学校食堂を運営するメンバーら(手前中央が尾身さん)
石沢学校食堂を運営するメンバーら(手前中央が尾身さん)

 秋田県由利本荘市石沢地区の住民有志が6日、旧石沢小学校の校舎内に、特産の石沢そばを提供する「石沢学校食堂」をオープンさせる。小学校閉校で活気が薄れた地元を地産地消の取り組みで盛り上げ、地域の交流拠点にしていきたい考え。春先から準備を進めてきたメンバーは「多くの方に楽しい時間を過ごしてほしい」と意気込んでいる。

 旧本荘市東部に位置する石沢地区は、1960年代から児童生徒の減少が進み、2005年には中学校が閉校。昨春には小学校が147年の歴史に幕を下ろした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース