城南の二枚看板、渾身のリレー 好走塁で得た1点守り抜く

有料会員向け記事

先発で4回を無得点に抑えた城南の堀野(左)と5回から好救援した城南の菅原煌

 城南の二枚看板が全県少年野球の決勝の大舞台でも躍動した。エース堀野諒、菅原煌(きら)の両3年生右腕が完封リレーで1点を守り抜き、チームに34年ぶりの栄冠をもたらした。

城南が34年ぶり2度目の優勝 全県少年野球

 一回、先頭の菅原煌が捉えた打球は高く跳ね、投手の頭上を越えて中前に転がった。中堅が打球の処理にもたついたのを見逃さず、二塁へ。捕逸で三進後、次打者が三振で振り逃げを試みた際、捕手の一塁送球と同時にヘッドスライディングで本塁へ突入。1点をもぎ取った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース