桜「今は勝てる気しかしない」 好調な打線で勝負強さ発揮

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【大潟―桜】5回裏2死三塁、桜・亀井が左中間に決勝の二塁打を放つ
【大潟―桜】5回裏2死三塁、桜・亀井が左中間に決勝の二塁打を放つ

 2試合連続2桁得点と好調な打線が、準決勝でも要所で勝負強さを見せた。

 一回2死二塁から堀井寬太(3年)が左前にはじき返し幸先よく先制すると、三回は1死三塁から亀井虎太郎(同)がきっちり中犠飛。同点に追い付かれた五回は、1死からリードオフマン横山達海主将(同)が右越え三塁打でチャンスメークすると、亀井が左中間への二塁打で貴重な勝ち越し点をもたらした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース