二枚看板で勝ち上がった城南 背番号4菅原煌、準決勝で好投

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【横手南―城南】3回裏1死三塁、城南・堀野の左飛で三走・賢木輝が生還=さきがけ八橋球場
【横手南―城南】3回裏1死三塁、城南・堀野の左飛で三走・賢木輝が生還=さきがけ八橋球場

 堀野諒と菅原煌(きら)両3年生右腕の二枚看板で勝ち上がってきた城南。船木正志監督は準決勝のマウンドを菅原煌に託した。「準々決勝でいい投球をしたし、状態が良かった。2人とも同じくらいの力があり、調子や相手との相性で登板を決めている」

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース