バスケ能代科技、翔北ともに初戦敗退 四国インターハイ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【バスケットボール男子1回戦・能代科技―実践学園】第2クオーター、能代科技の安田(中央)がゴール下に切り込む=高松市総合体育館
【バスケットボール男子1回戦・能代科技―実践学園】第2クオーター、能代科技の安田(中央)がゴール下に切り込む=高松市総合体育館

 全国高校総合体育大会(インターハイ)は27日、高松市総合体育館などで行われた。バスケットボールで男子の能代科学技術が実践学園(東京)に77―90、女子の湯沢翔北は岐阜女に65―81でいずれも敗れ初戦で姿を消した。相撲団体は秋田北鷹が予選を勝ち上がり、決勝トーナメント進出を決めた。

 (高松市総合体育館ほか)
 ▽男子1回戦
実践学園  90―77 能代科技
(東京) (19―20)
     (19―24)
     (31―16)
     (21―17)

 ▽女子1回戦
岐阜女  81―65 湯沢翔北
(岐阜)(14―27)
    (17―17)
    (29―10)
    (21―11)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース