決勝は城南―桜、全県少年野球 横手南、大潟は惜敗

※写真クリックで拡大表示します
【大潟―桜】3回裏1死三塁、桜の三走・横山が中犠飛で2点目のホームイン
【大潟―桜】3回裏1死三塁、桜の三走・横山が中犠飛で2点目のホームイン

 第88回全県少年野球大会(秋田魁新報社、県中体連、県教育委員会、ABS秋田放送主催)兼第71回県中学校総体軟式野球大会第4日は27日、秋田市のさきがけ八橋球場で準決勝を行い、城南(秋田3区)が29年ぶり、桜(秋田4区)は8年ぶりに決勝進出を決めた。城南は3―0で横手南(横手)を下し、桜は大潟(男鹿潟上南秋2区)に3―2で競り勝った。決勝は28日午前9時35分から同球場で行う。城南は1988年以来2度目、桜は初優勝を狙う。

 ▽準決勝
城南 3―0 横手南
桜  3―2 大潟

速報・試合日程・結果はこちら|秋田魁新報電子版

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース