激戦制した横手南、勝負どころで好走塁 終盤に驚異的な粘り

有料会員向け記事

【大内―横手南】延長8回、サヨナラ勝ちを決めて喜ぶ横手南の選手=さきがけ八橋球場

 10―10の同点に追い付いた延長八回だった。横手南はなお無死一、三塁で、佐藤和則(3年)の打球は捕飛。併殺を狙った捕手が一塁へ送球すると、三走高階橙哉(2年)はすかさず本塁に向かった。返球をかいくぐって生還し、激戦に終止符を打った。
全県少年野球、4強出そろう

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース