桜投打がっちり、2年連続8強 7回に一挙5点

有料会員向け記事

【桜―大曲西】5回裏2死二塁、大曲西・鈴木の中前打で二走・高嶋が本塁を突くが、送球を受けた桜の捕手・堀井が阻止=さきがけ八橋球場

 桜は投打がかみ合い、4強だった昨年に続き、準々決勝に進出。12安打10得点と打線が機能し、エース鈴木学(3年)が6回を自責点0の好投で応えた。

全県少年野球、8強出そろう 城南・堀野が無安打無得点試合

 四回までは1点。相手投手の直球と変化球のコンビネーションに手を焼き、波に乗れなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース